マンション経営のメリット

MERIT6

生命保険として

マンションを購入する際に住宅ローンを利用すると、同時に団体信用生命保険に加入します。団体信用生命保険に加入すると、ローンを利用する方が万一の場合にもローンの残高を本人に代わって返済してくれるため、残された家族に負担をかける心配がありません。その上、マンション自体はそのまま相続することができるため、ご家族は継続して家賃収入を得ることができます。また、団体信用生命保険の保険料は原則金利に含まれており、別途保険料を支払う必要はありません。つまり、マンション経営は生命保険の役割も果たすということになります。
投資マンションを保有するのと、生命保険に加入するのとではどのような違いがあるのでしょうか。

40歳から生命保険(終身型)に加入する場合

40歳から生命保険(終身型)に加入する場合

40歳からマンション経営を始める場合

40歳からマンション経営を始める場合

このように、団体信用生命保険の掛け金は一般的な生命保険の掛け金の約半額になることが分ります。マンションのローン返済は月々のや家賃収入でほとんど支払われ、返済後は家賃収入がそのまま収益になるのですから、そういう意味では一般的な生命保険より負担が少なく還元が多いと言えるでしょう。