物件情報

LANDIC K104

NEW TOPICS LANDIC 2020 PROJECT ー 街創り構想 ー

東京オリンピック開催の2020年を見据え、
日本中が期待に夢を膨らませている中、私たちLANDICグループも2020年に向かい、
不動産価値創造企業として新たにグループ新会社(LANDIC ホテル&リゾート)を設立し、
ホテル開発事業をはじめ福岡市内で次々と展開する新規分譲住宅プロジェクトなど、
福岡の街と暮らしを彩る「LANDIC 2020 PROJECT」を始動いたします。
アジアの玄関口を担う国際都市福岡のポテンシャルをより向上し、
サスティナブルで魅力的な街へと進化するための価値をクリエイトしていきます。

PROJECT1 FUKUOKA DEVELOPMENT PLAN

福岡DEVELOPMENT PLAN

LIFE DESIGN DEVELOPERとして、数多くのコンセプト レジデンスを手掛けてきたLANDIC。そして2020年に向けたデベロップメント計画が、既に進行しています。ファミリー型、資産運用型マンションに加え、これからの時代の変化やニーズの多様化に応えるコンパクト型マンションも計画。住まいに快適性と安全性を求めることはもちろん、デザイン性を高めることで、時を経ても色褪せない住空間を創造します。

NEW PROJECT
PROJECT2 DesignStudioproject

美野島 LIFE STYLE STUDIO(仮称)

住宅・住空間、ライフスタイル…。
そこに行けば何か答えが見付けられる
ライフスタイルスタジオを創る。

LANDICグループは不動産価値創造企業として、福岡の街を暮らしを彩る新しい取り組みを始めています。例えば美野島LIFE STYLE STUDIO(仮称)。住宅・住空間、そしてライフスタイルのデザインまでをグループ全体で提案するワンストップサービスなスタジオです。そこに行けば、何か答え(ANSWER)が見つけられる、そんな場所です。スタジオ内にはカフェ・キッズリーム・リノベーション・DIYなどテーマコーナーを設け、訪れる方のご相談や質問にお答えし、さらに素敵なサプライズにあふれたオリジナルコンセプト&アーキテクチャーも多彩に。美野島という都心の隠れ家的エリアから「生活の驚き」を発信します。

PROJECT3

中洲 JAZZ 2019の
メイン協賛スポンサー

昔の中洲には活気に満ち、エネルギーが音楽とともに溢れていた。もう一度その活気を取り戻そう…。中洲に本社を置く企業としてその想いに賛同し、2019年のメイン協賛スポンサーとなりました。未来への刺激的なビートにあふれ、多くの個性と魅力がセッションする福岡、そのメインステージの一つである中洲から、新しいコミュニケーションとポッシビリティ、その街ならではの魅力を生み出すサポートをし続けていきたいと思います。

image
PROJECT4

西中洲HOTEL PROJECT

「天神の奥座敷」として、再整備事業が進められている天神中央公園西中洲エリア。天神と中洲のセントラルポジションに位置しながらも、水辺と緑に彩られたこの公園には、「旧福岡県公会堂貴賓館」が佇んでいます。その天神中央公園に隣接する敷地に、西中洲HOTEL PROJECTを始動。年々増加しているインバウンド需要だけでなく、ダイニングやインナーテラス、オープントップバーなど、西中洲エリアの「奥行き」を深めることができるPROJECTを計画しています。

TOPICS
RANK OF FUKUOKA

さまざまなランキングが証明する、福岡の多様な価値。

no01

「愛着と誇り」でNo.1

政令指定都市と東京都区部の住民を対象に行われたアンケート調査で、福岡市は「現在お住まいの都市に愛着や誇りを持っていますか」という設問に対し、「愛着」と「誇り」でトップ。また、福岡市は「友人・知人に勧められますか」という設問に対し「全般的によいまち」「働くこと」「子育てすること」「多様性があること」など10項目中9項目で第1位になりました。

「愛着と誇り」でNo.1

no01

成長可能性No.1

成長可能性No.1

no01

人口増加率ダントツNo.1

福岡市は、2014年12月に人口が150万人を突破し、全国の政令指定都市の中で5番目の人口を誇るとともに、2010年~2015年の人口増加率では東京23区や大阪市などを抜いてダントツのトップとなりました。

人口増加率ダントツNo.1

no01

大都市の中で物価が安いNo.1

食料物価で52都市の平均を100円とした時の福岡市の金額は94.6円。同じく総合物価の金額は97.0円。また1カ月の平均民営家賃は東京都区部の半分以下。住みやすさの理由の一つです。

大都市の中で物価が安いNo.1

no01

単身女性の割合全国No.1

比較的流動性の高い一人暮らしの学生やビジネスマンは、ますます増加傾向。なにより単身女性の割合は全国ナンバー1。賃貸マンションは安定した需要を見込めます。

単身女性の割合全国No.1

no01

外国航路年間乗降人員No.1

外国航路年間乗降人員No.1

no01

都市の近くにきれいな海No.1

都市の近くにきれいな海No.1

no03

住みやすさ日本で第3位

国際支援団体「ハビタット・フォー・ヒューマニティ」は、「アジアのモデル都市」として福岡市を推奨。英国のグローバル情報誌「MONOCLE」は、「世界で最も住みよい都市25選」に福岡市を毎年選出。2017年のデータでは日本で3位、世界で14位の評価を与えています。

住みやすさ日本で第3位

no04

空港→都心部へのアクセスアジアNo.1

福岡空港は国際空港に地下鉄が直結しており、都心部まで11分。アジア13都市中第1位、世界第4位の速さです。ちなみに博多駅までは、なんと5分。福岡空港から博多駅までのアクセス時間は、世界第1位のボストンと同じです。

空港→都心部へのアクセスアジアNo.1

※掲載内容は構想段階のものが含まれており、計画変更となる場合もございます。
 またイラストはイメージです。予めご了承ください。