福岡に物件を持つメリット

Value of Fukuoka

3

コンパクトシティで暮らしやすい都市

コンパクトシティであるため、単身世帯が住むエリアとしても人気が高い

都心部である博多・天神をはじめ、市街地エリアと福岡空港が全て地下鉄で繋がっており、日常の生活圏へは短時間での移動が可能です。加えてバスの交通網が充実していることも、都心に暮らしやすい環境であり、単身世帯の住宅として人気が高いことも理解できます。

コンパクトに都市機能が集中しているため、暮らしやすい

福岡市の都心部となる博多・天神エリアは、福岡空港と地下鉄により直列関係で結ばれており、所要時間は福岡空港から博多まで5分、福岡空港から天神までは11分と、生活圏内の距離感にあります。このアクセス性は、国内はもとより、世界的にも利便性が高いと評価されており、コンパクトシティとしての評価を高めています。
このように都市機能が集中している環境は、住みやすい街としての認識に繋がり、特に単身者にとっては理想的な街ともいえます。

国際空港から都心までのアクセス時間

福岡空港から福岡都心までのアクセス性は、世界的にみてもトップクラスであることが分かります。

国際空港から都心までのアクセス時間のグラフ

ひとことメモ

コンパクトシティとしての住みやすさを裏付けるデータとして、「通勤・通学時間」においても、福岡は全国的に利便性の高い街として評価することができます。以下のデータに示される通り、全国の7大都市圏中、通勤・通学時間が最も短いことは、暮らしやすい街として評価するうえでの重要な要素の一つといえます。

通勤・通学時間(平日の片道換算)のグラフ

単身世帯からのニーズが高い街

福岡市内の世帯割合は約半数が単身世帯であるため、コンパクト住居のニーズが多いことが分かります。加えて、福岡市の単身世帯の住居地域は博多区・中央区が65%と全体の3分の2を占めており、都心に集中する傾向にあることが分かります。このことからも、福岡市都市部における単身向け住宅のニーズが高いことは理解しやすいといえます。

福岡市の単身世帯の住居地域、福岡市の世帯割合のグラフ

自然にも近い生活環境

都市機能と海や山、豊かな自然が身近にあることも、福岡市の大きな魅力の一つといえます。
「Fukuoka East&West Coast」プロジェクトでは”Work Hard,Play More Hard”をコンセプトに、仕事も遊びも全力になれる街を目指し、志賀島・北崎地区の海辺の魅力をさらに高めていくことで、地域の観光振興・活性化を推進しています。

住みたい街No.1 - 2年連続で全国トップ -

投票によるランキングで、住みたい街に選んだ理由は「程よく都会・程よく田舎で、ごみごみしすぎておらず、のんびり暮らせる。」「居心地が良く、食べ物もおいしい。」転勤で住んだことがあり、土地柄、魚の美味しさなどが気に入った。」「料理が美味しいし、旅行に行った時に優しい人が多かった。」「物価、街の充実度、食べ物の鮮度が優れている。」日々の食の豊かさと暮らしやすさ、人の優しさ、環境の伸びやかさなどが人気でした。

住みたい街ランキングの表

資料請求

個別相談

事前融資